スターツプロシード投資法人

文字サイズ
  1. ホーム
  2. 投資法人の特徴
  3. 外部成長戦略

外部成長戦略

パイプラインサポート契約及び物件情報提供契約による協力関係

本投資法人は、スターツグループとの広範な協力関係のもと、多様な情報パイプラインを最大限活用し、資産規模の拡大を目指します。

パイプラインサポート契約及び物件情報提供契約による協力関係

パイプラインサポート契約及び物件情報提供契約による協力関係

スターツグループが有する開発ノウハウの有効活用事例

下記に挙げる各種ノウハウはスターツグループが有するものであり、本投資法人が有するノウハウではありません。

(注1) 「プロシード篠崎タワー」のうち本投資法人の取得部分は、点線で枠囲いされている建物の4階から18階部分並びにこれに付随する駐車場及び駐輪場のみです。
(注2) 「プロシードTX流山セントラルパーク」のうち本投資法人の取得部分は、当該幼稚園を除く建物部分です。
(注3) 「アルファグランデ千桜タワー」及び「ルミエール西葛西」は、本投資法人が保有する物件ではありません。